バイエル 欧州主要国などでGSKとのレビトラ共同販売を終了

公開日時 2005/01/11 23:00
  • Twitter
  • 印刷

独バイエルは1月10日、グラクソ・スミスクラインが保有するED治療薬レビト
ラ錠の共同販売権を米国以外の主要国でバイエルに返還することで合意したと
発表した。両社で共同販売しているドイツ、フランスなど欧州やアジア太平洋、
アフリカ、ラテンアメリカ地域の国々とカナダが対象。

日本などバイエル薬品が単独販売している国では、変更はない。このほか対象
外は、バイエルがシェリング・プラウに販売委託しGSKと共同販売している米
国、バイエルがレビトラ、GSKがビバンザの名称でそれぞれ販売しているイタ
リア、GSK単独で販売している26ヵ国。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事の関連キーワード

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

1月号特集
(Promotion)

製薬ビジネス大改革 産業イノベーション始動

営業本部進化論 営業スキームを大転換せよ!

 

 

1/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/