FDA 前立腺がん免疫細胞療法Provengeを承認

公開日時 2010/05/11 04:00
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は4月29日、進行前立腺がん患者に対する自己免疫細胞療法Provenge(sipuleucel-T)を同日付で承認したと発表した。Provengeは米Dendreon社が開発、白血球分離法により、血液から患者の免疫細胞を採取、がんに対する免疫能を高める。適応は、転移が認められ、かつホルモン標準療法抵抗性のある、無症候性あるいは症状の少ない前立腺がん。512人のホルモン難治性進行前立腺がん患者を対象としたRCTでProvenge治療群は、全生存率が25.8ヵ月でプラセボ群の21.7ヵ月に比べ、4.1ヵ月延長した。副作用は、悪寒、疲労感、発熱、背痛、関節痛、頭痛など軽度から中等度のものが多かった。出血性・虚血性脳卒中を含む心血管イベントは、プラセボ群では2.6%、同剤投与...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

この記事の関連キーワード

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/