【医薬ランキング2011注目トピック4】国内医療関係企業役員報酬ランキング

公開日時 2012/01/31 04:00
  • Twitter
  • 印刷

好評いただいているMonthlyミクス増刊号「医薬ランキング」。毎年、新規データを掲載するなど充実を図っている。毎週火曜に、注目のトピックを紹介していくこのコーナー。第4回は「国内医療関係企業役員報酬ランキング」。10年度決算(11年3月期、10年12月期等)で医療関係企業の役員報酬が1億円を超える役員数は17社26人にのぼることがわかった。

最高額は日本調剤の三津原博社長の5億7225万円で、2位は中外製薬の永山治社長の3億4200万円、3位は武田薬品の長谷川閑史社長と大塚ホールディングスの大塚明彦会長の2億7800万円――だった。

26人のうち前回09年度決算における役員報酬開示でも1億円超だった20人を分析すると、11人が昨年より報酬額が増加している。このうち10年度業績が減収・2桁減益だった武田薬品の長谷川社長と山岡眞・前専務取締役の役員報酬額の伸長率は、前期比でともに2桁増。

逆に今期増収増益だった第一三共の庄田隆会長、ロート製薬の山田邦雄会長兼CEOの役員報酬額は微減、増収2桁増益だったシスメックスの家次恒社長、フクダ電子の福田孝太郎社長、メディキットの中島弘明会長は減少していた。

全26位のうち5位までのランキングはこちら→

掲載データ一覧は次のとおり。
http://mixonline.jp/MedicalRanking/tabid/71/dbctid/53/Default.aspx

 

 

 

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
広告

広告

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

ミクス3月号

4月号特集
(Promotion)

14年度診療報酬改定 
未来への布石

多職種連携サポート型

MRを目指せ

 

4/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/