味の素と大鵬 抗がん剤レンチナン 7月から味の素が販売 販売委託契約満了で

公開日時 2012/04/17 04:02
  • Twitter
  • 印刷

味の素製薬と大鵬薬品は4月16日、味の素製薬が製造販売承認を持ち、大鵬薬品に販売委託していた抗がん剤「レンチナン静注用1mg「味の素」」(一般名:レンチナン)について、7月1日から味の素が販売することで合意したと発表した。この販売会社変更は契約期間満了に伴うもの。同剤はシイタケより熱水抽出した高分子グルカンで、免疫機能を高める作用がある。1986年の発売以来、「手術不能または再発胃がん患者におけるテガフール経口投与との併用による生存期間の延長」を効能効果としている。

直近の通期売上は仕切価ベースで4.1億円。味の素は、がん治療などの支持療法に用いる経腸栄養剤エレンタールを販売しており、レンチナン静注用も手掛けられると判断した。


 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/