薬の飲み忘れ 多いのは「朝と夜」 ファイザー調査で

公開日時 2012/11/14 04:02
  • Twitter
  • 印刷

ファイザーは11月13日、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症)患者の処方薬の飲み残しに関する調査結果を発表した。患者300人、医師・薬剤師それぞれ100人ずつを対象にしたもの。それによると、患者の46.3%が飲み忘れることがあると回答。いつ飲み忘れるかを聞いたところ「朝」と「夜」がそれぞれ41.0%、45.3%と4割強で、医師の86.8%が飲み忘れが多いとした「昼」は患者では17.3%と2割に満たなかった。

患者が飲み忘れる理由で最も多いのは、「うっかり」で、次いで「持ち歩くのを忘れてしまう」。医師・薬剤師側もこの2つは2大理由と考えていたが、服薬コンプライアンスの問題として指摘される「服薬タイミングがバラバラ」「たくさんの薬を飲んでいる」ことが理由と考える医師はそれぞれ23.1%、15.4%だったのに対し、患者はそれぞれ9.4%、5.0%と、さほど問題と考えていないことが示された。
 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/