マーケットの構造変化をもたらす革新的新薬(1)

公開日時 2012/12/25 00:00
  • Twitter
  • 印刷
高血圧や高脂血症など超大型品に依存した経営から脱却し、有望市場であるがんや中枢神経疾患などアンメット・ニーズ領域への重点投資という流れは、いまや医薬品業界の研究開発の軸として定着した。そして、今年はがんや血栓症、リウマチなどのスペシャリティ領域において、治療や市場構造を大きく変える新世代の新薬の登場が期待され、大きな果実を得ることのできる1年になりそうだ。アルツハイマー型認知症や新規経口凝固薬などの大型候補品が市場投入され、市場が賑わいをみせた11年に続く“豊作の年”の再来ともいえよう。有力企業がひしめき激戦市場の様相を呈している糖尿病、骨粗しょう症、COPDなどの生活習慣病市場でも、多数の新製品、新規プレーヤーの参入が予想され、成長市場といえども、差別化戦略がますます大きな課題になる市場と...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/