大鵬薬品 抗がん剤アブラキサンに効能追加 胃がんと非小細胞肺がん

公開日時 2013/02/22 04:00
  • Twitter
  • 印刷
大鵬薬品は2月21日、抗がん剤アブラキサン点滴静注用100mg(一般名:パクリタキセル注射剤 アルブミン懸濁型)の効能・効果に胃がんと非小細胞肺がんを追加する承認を取得したと発表した。

同剤は、人血清アルブミンにパクリタキセルを結合させ平均130nmにナノ粒子化した製剤。過敏症を予防するためのステロイドや抗ヒスタミン剤の前投薬が必須ではなく、点滴時間を短縮できる点などが特徴。10年7月に乳がんの治療薬として承認されていた。 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/