旭化成ファーマ 抗ウイルス薬ファムビル錠に単純疱疹の適応追加

公開日時 2013/02/22 04:00
  • Twitter
  • 印刷

旭化成ファーマは2月21日、抗ウイルス薬ファムビル錠250mg(一般名:ファムシクロビル)の効能・効果に単純疱疹を追加する承認を取得したと発表した。同剤は旭化成ファーマが製造販売承認を持ち、マルホが販売している。

単純疱疹は、単純ヘルペスウイルスの皮膚や粘膜への感染、あるいは神経節に潜伏感染していた単純ヘルペスウイルスの再活性化によって、かゆみや違和感といった症状が出始め、その後皮疹が出る。感染後は症状の再発を繰り返すことが特徴。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/