サノフィ 抗アレルギー薬ディレグラ配合錠を発売

公開日時 2013/03/01 04:00
  • Twitter
  • 印刷

 サノフィは2月28日、眠気が少ない第2世代抗ヒスタミン薬であるフェキソフェナジン(同社製品名アレグラ)と血管収縮作用を有するプソイドエフェドリンを配合した抗アレルギー薬ディレグラ配合錠を同日発売したと発表した。中等症以上の鼻閉症状(鼻づまり)があるアレルギー性鼻炎患者に対し3大症状のくしゃみ、鼻みず、鼻づまりを改善する。

成人及び12歳以上の小児には1回2錠(フェキソフェナジン塩酸塩として60mg及び塩酸プソイドエフェドリンとして120mg)を1日2回、朝と夕の空腹時に投与する。薬価は1錠62円。

海外では、強い鼻閉症状を有するアレルギー性鼻炎患者に対しては両成分の配合剤は広く用いられており、複数の製品が販売されているという。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/