ヤンセン AD/HD治療薬コンサータに成人患者適応追加で承認申請

公開日時 2013/03/21 04:00
  • Twitter
  • 印刷

ヤンセンファーマは3月19日、小児の注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬のコンサータ錠(一般名:メチルフェニデート塩酸塩徐放錠)を、18歳以上の成人患者も使えるようにする適応追加申請を行ったと発表した。これまでも小児から使用していた患者は、18歳に達しても継続的に使えるようにしていたが、今回の追加申請は、18歳以上でも最初の投与を可能するもの。

 
現在、18mgと27mgの規格が販売されているが、今回36mgの追加申請も行った。
 
AD/HD治療薬の成人適応は、12年8月に日本イーライリリーのストラテラが取得している。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
広告

広告

 

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

ミクス3月号

4月号特集
(Promotion)

14年度診療報酬改定 
未来への布石

多職種連携サポート型

MRを目指せ

 

4/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/