杏林製薬 潰瘍性大腸炎治療薬ペンタサの坐剤を発売

公開日時 2013/06/11 05:00
  • Twitter
  • 印刷

キョーリン製薬ホールディングスは6月10日、潰瘍性大腸炎治療薬ペンタサ(一般名:メサラジン)の坐剤を杏林製薬から11日に発売すると発表した。同剤は錠剤、注腸が販売されているが、同社によると、日本消化器病学会などからの要望もあり坐剤を開発した。

 
製品名は、ペンタサ坐剤1g。同剤は血便、粘血便を主症状とする直腸の病変に対する効果が期待され、直腸炎型の患者のみならず、直腸部に病変を有する左側大腸炎型、全大腸炎型の患者にも有用と考えられるという。通常、成人には1日1個を直腸内に挿入して用いる。薬価 1gは 347.80円。初年度売上高は7億円程度を見込む。
 
ペンタサ全体では12年度売上は176億円で、13年度は186億円を計画している。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

5月号特集
(Promotion)

動き出した製薬ビジネスの産業構造転換

開発、営業、流通 全ステージに変革求める

 

 

5/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/