FDA 閉経後ほてりの非ホルモン療法を承認

公開日時 2013/07/03 05:00
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は6月28日、閉経後女性の中等度から重度のほてり(血管運動症状)の治療薬として、NovenPharmaceuticals(本社:フロリダ州マイアミ)のBrisdelle(パロキセチンメシル酸塩)を承認した。Brisdelleは、選択的セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)で、ほてりに対するFDAが承認した唯一の非ホルモン療法となる。FDAが承認したほてりの治療薬は多数あるが、いずれも、エストロゲン単剤か、エストロゲンとプロゲスチンの配合剤。ほてりは閉経後の女性の75%に発症し、症状は5年間、場合によってはそれ以上続き、生命を脅かすことはないものの症状は煩わしく、不快で睡眠を妨げるなどQOLを低下させる。Brisdelleの安全性・有効性は、中等度から重度のほてり患者合...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/