協和発酵キリン 抗がん剤ポテリジオに初発のATLなどを適応追加申請

公開日時 2013/07/22 05:00
  • Twitter
  • 印刷

協和発酵キリンは7月19日、抗がん剤ポテリジオ(一般名:モガムリズマブ)の適応に、▽初発未治療のCCR4陽性の成人T細胞白血病リンパ腫(ATL)▽再発又は難治性のCCR4陽性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)▽皮膚T細胞リンパ腫(CTCL)--を追加する承認申請を日本で行ったと発表した。

 
同剤は、血液がんの一部に発現する受容体CCR4をターゲットにするヒト化モノクローナル抗体。再発又は難治性のCCR4陽性のATLの治療薬として、12年5月に発売している。
 
今回申請したATLについては国内フェーズ2で、53人の被験者を標準治療のmLSG15療法単独とモガムリズマブを併用の群に割り付け、2週間間隔で8回静脈内投与し、有効性を比較した。その結果、単独群では完全寛解率は33%だったのに対し、併用群では52%に上った。
 
PTCLおよびCTCLを対象とした国内フェーズ2でも、化学療法奏効後に再発又は再燃したCCR4陽性のPTCL及びCTCL患者に同剤を1週間間隔で8回静脈内投与し、有効性を見た。その結果、全体の奏効率は35%だった。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/