大日本住友 抗パ薬トレリーフ錠の適応にwearing-off現象を追加

公開日時 2013/08/27 03:51
  • Twitter
  • 印刷

大日本住友製薬はこのほど、抗パーキンソン病薬トレリーフ錠25mg(一般名:ゾニサミド)の適応にwearing-off現象を追加する承認を取得したと発表した。同現象は、レボドパ製剤等を投与を続けるにつれて効果持続時間が短縮するもので、発現すると日常生活が難しくなる。同剤はレボドバ製剤と併用して、効き目がなくなる時間の短縮を図る。

 
今回、追加フェーズ3を実施し、パーキンソン病の病態の進行に伴って生じる症状の日内変動(wearing-off現象)への改善が認められたことで、用法・用量の一部変更が8月20日付で承認された。1日1回50mgを投与する。
 
同剤は09年1月にパーキンソン病(レボドパ含有製剤に他の抗パーキンソン病薬を使用しても十分に効果が得られなかった場合)の適応で承認された。患者には嚥下障害を伴うことが多いため、水なしで服用できる口腔内崩壊錠(OD錠)を7月に申請し、さらには、パーキンソニズムを伴うレビー小体型認知症(DLB)患者を対象に国内フェーズ2を実施している。DLBは認知症全体の約2割を占め、アルツハイマー型認知症に次いで多いといわれている。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/