肺がん治療薬 研究会・講演会、ネット、文献の影響力高く

公開日時 2013/11/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
臓器別がんの中でも予後が悪いとされているがんの1つが肺がんである。とりわけ肺がんの中でも非小細胞肺がんに関しては、抗がん剤などの薬物治療が奏功しにくいことが知られ、予後改善は大きな課題だった。そうした中、近年、分子標的薬の登場により、非小細胞肺がんの治療は大きく変貌し、生命予後もかつてよりは改善を見せ始めた。今回は分子標的薬を中心に近年登場した非小細胞肺がんの適応を持つ治療薬の処方影響力を検証する。まず、2013年10月時点での処方影響力全体では高い順にイレッサ、タルセバ、アリムタ、アバスチン、ザーコリ、アブラキサンとなる。これはそれぞれの薬剤の非小細胞肺がんの適応取得時期の早い順と一致する。そもそも、がん領域は薬剤選択が患者の生命予後に直結し、なおかつそうしたシビアな疾患の治療薬の常として...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

6月号特集
(Promotion)

MR数調査2018年版

MR数の減少 加速鮮明に

ビジネスオーナー型MRの育成急務

 

 

6/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/