オンコロジー領域でのバイオシミラー浸透 グリベックの動向に注目

公開日時 2014/07/10 03:50
  • Twitter
  • 印刷
抗がん剤の薬価の高さが懸念されている。オンコロジー領域におけるバイオシミラーの浸透、市場動向を占う上で注目を集めているのが、ノバルティスの慢性骨髄性白血病(CML)治療薬・Gleevec(日本製品名:グリベック、一般名:イマチニブ)だ。6月9日に開催された医学研究所がん政策フォーラム(InstituteofMedicineCancerPolicyForum)では、画期的新薬の薬価モデルや抗がん剤の価格抑制などをテーマに、がん患者による抗がん剤アクセスをいかに確保するかをめぐる議論がなされた。また、オンコロジー領域での、いわゆるブロックバスターが特許切れを迎える“パテントクリフ”が医療費動向にどのような影響を与えるか様子を見ることの可能性についても論議された。議論の中では、2015年に特許切れ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(1)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタル活用で成功するMR流仕事術

訪問頻度の減少をチャネルでカバーせよ!

 

 

12/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/