アステラスとファイザー Ca拮抗薬とスタチン配合剤カデュエットのコ・プロ終了へ

公開日時 2014/09/09 03:51
  • Twitter
  • 印刷

アステラス製薬とファイザーは9月8日、日本でのCa拮抗薬とスタチン製剤の配合剤カデュエット(一般名:アムロジピンベシル酸塩/アトルバスタチンカルシウム水和物配合剤)の販売と共同販促契約を15年3月31日で終了することで合意したと発表した。14年10月1日以降はファイザーが単独で販促活動を行う。また15年4月1日付で販売をファイザーに移管する。

 
アステラスの広報部によると、契約期間の満了によるものではなく「戦略的な面を踏まえて判断したもの」とだけ説明している。両社は09年8月にカデュエット配合錠のコ・プロ契約を締結し、同年12月から販促活動を展開してきた。13年度売上高は11.5%増の107億円(アステラス製薬決算資料)。
 
なお、スタチン製剤のリピトール錠(一般名:アトルバスタチンカルシウム水和物)はコ・プロを続ける。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/