J-TEC 細胞培養に関するコンサルティング、受託事業を実施へ

公開日時 2014/11/17 03:50
  • Twitter
  • 印刷

再生医療製品の研究開発、製造販売を行うを行うジャパン・ティッシュエンジニアリング(J-TEC)は11月13日、再生医療を行う医療機関や細胞培養加工製造事業者などを対象に、コンサルティングと細胞培養受託事業を実施することを決めたと発表した。11月25日に再生医療の安全性確保などが柱の再生医療等安全確保法が施行されることで需要を見込んだ。

 
今回実施を決めた新規事業は、同社がこれまでの事業の中で得られたノウハウを生かす。同社は、やけどの治療に用いる自家培養表皮、軟骨の欠損などに用いる自家培養軟骨といった薬事法に承認された製品を持っている。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

5月号特集
(Promotion)

 地域包括ケア時代のエリア戦略

 

 選ばれるMR・MSに 

共通目線で連携を

 

5/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/