デンカ生研 皮内投与型インフルワクチンの治験開始へ

公開日時 2016/03/25 03:50
  • Twitter
  • 印刷

 デンカはこのほど、子会社のデンカ生研が皮内投与型インフルエンザワクチンの開発を決定し、国内での治験を開始することになったと発表した。皮内投与型は、現在ある皮下投与型と比べ、より効率のよい免疫誘導が期待され、細く短い針を用いることから針刺し時の痛みの軽減などが期待できるという。開発スケジュール、実用化のメドについては明らかにしてない。

皮内投与型のインフルエンザワクチンは、15年4月にジャパンワクチンが承認申請したと発表している。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/