後発医薬品使用で年間数百億ドル規模の薬剤費節減の可能性

公開日時 2016/06/01 03:50
  • Twitter
  • 印刷
先発医薬品を後発医薬品に切り替えることで、節減できた可能性のある薬剤費は、2010~12年の3年間で730億ドルにのぼる――。米・オハイオ州立大学のMichaelE.Johasen氏らが全米10万7132人を対象とした横断研究の結果から、このような報告を行った。研究結果は、「JAMAInternalMedicine」のOnline版に5月9日付で掲載された。研究は、先発品と同じクラス、適応を持ち、代替することができる後発医薬品がある場合、後発医薬品の処方によりどの程度薬剤費を節減できる可能性があるか試算することを目的に実施された。米保健福祉局(DHHS)のパネル「MedicalExpenditurePanelSurvey」に2010~12年に登録され、処方薬を投与された患者のうち、62.1%...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/