前立腺がん薬 イクスタンジはMRと講演会 ザイティガはマルチチャネル

公開日時 2016/06/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
過去20年で患者数が約10倍まで増加している前立腺がんでは、男性ホルモンを抑止するホルモン療法が主体だったが、これが無効になった去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)の治療選択肢はつい最近まで、抗がん剤タキソテールのみ。ところが14年だけで、新規CRPC治療薬として抗アンドロゲン薬のイクスタンジとザイティガ、化学療法用抗がん剤ジェブタナが登場し、治療選択肢は一気に広がった。今回はこの3製品の処方に影響を与えている情報チャネルとそのインパクトを評価するエムスリーの分析ツール「MedicalChannelMix」から検証したい。MRチャネルによる処方への影響力(以下、処方影響力)は、最新の16年5月時点でザイティガ、イクスタンジがほぼ同等で、ジェブタナの処方影響力は前2薬剤の3分の1程度である。この差...

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/