「基準調剤加算」と「後発医薬品調剤体制加算」

公開日時 2017/05/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
中小企業診断士平田雄一郎薬局関係者から、2016年度調剤報酬改定で技術料の算定が厳しくなったという話を聞いたことがあるMRやMSの皆さんの疑問を本稿で解決したいと思う。キーワードは、「基準調剤加算」と「後発医薬品調剤体制加算」。算定要件を満たしていればすべての患者に対して請求できる。逆に言えば、算定要件をクリアできなければ、結果として技術料の確保が厳しくなる。基準調剤加算の一本化と、後発医薬品調剤体制加算引上げがもたらすこと2016年度調剤報酬改定では、基準調剤加算と後発医薬品調剤体制加算の見直しが行われたが、この内容は厳しいと言われている。基準調剤加算は、医薬品の備蓄や在宅への取り組みなど、薬局の体制面を評価する加算だ。これまで加算1(12点)と加算2(36点)の二段階だったが、改定後は基...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2017年版

治療の価値最大化を目指す新薬上位に

 

 

10/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/