Meiji Seika ファルマ 「トスフロキサシントシル酸塩小児用細粒」に「肺炎マイコプラズマ」の適応追加

公開日時 2017/06/08 03:50
  • Twitter
  • 印刷

Meiji Seika ファルマは6月7日、ニューキノロン系抗菌薬オゼックスの後発医薬品である「トスフロキサシントシル酸塩小児用細粒15%『明治』」の適応菌種に「肺炎マイコプラズマ」を追加する承認を取得したと発表した。「効能・効果」と「用法・用量」は先発医薬品と同一になった。

先発品のオゼックス細粒小児用15%(富山化学)は3月に「肺炎マイコプラズマ」を適応菌種に追加する承認を取得している。マイコプラズマ肺炎の治療には、マクロライド系抗菌薬が一般的に使用されているが、近年、マクロライド系抗菌薬への耐性菌が増加しているという。そこでニューキノロン系抗菌薬が治療選択肢の一つになってきている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/