がん免疫療法薬キイトルーダ 処方医の4割強が「安全性高い」と評価

公開日時 2017/08/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
2次治療以降、PD-L1陽性の症例キイトルーダ選択医師がオプジーボの2倍がん治療に大きな変革をもたらしつつある免疫チェックポイント阻害薬は、現在、オプジーボとキイトルーダの2種類が知られている。ともに抗PD-1抗体であり、がん細胞表面のPD-L1が、T細胞表面にある免疫攻撃のブレーキ機能役のPD-1と結合することを阻止し、免疫によるがん細胞への攻撃を継続させる。現在、患者数も多い切除不能・再発非小細胞肺がん領域でどちらの薬剤がより処方されるのかに注目が集まっているが、両薬の違いは、(1)キイトルーダは一次治療から使用可能だが、オプジーボは二次治療以降(2)キイトルーダはコンパニオン診断薬によるPD-L1陽性確認が必要(3)投与間隔はオプジーボが2週間毎、キイトルーダが3週間毎(4)投与量はオ...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/