ポリファーマシーとMR活動

公開日時 2017/09/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
畑中ファーマ・コンサルティング畑中和義ポリファーマシー(多剤投与)には「適切なポリファーマシー」と「問題のあるポリファーマシー」の2種類がある。特に「高齢者の問題のあるポリファーマシー」が医療・介護での大きな課題となっている。これまで製薬企業のマーケティングやMRは、高齢者人口の増加を、市場拡大要因と捉まえがちであった。それは企業論理からの見方だ。「高齢者の問題のあるポリファーマシー」は、患者の側から見ると大きなリスク要因だ。これからは、高齢者市場は、リスクマネジメントが必要な市場と見なすべきだ。プロモーションでなくリスクマネジメントに重点を置く必要がある。MRは、「問題のあるポリファーマシー」を回避し、「適切なポリファーマシー」をすすめなければならない。高齢者に対するベネフィットとリスクの...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/