OPDで症例のFactを積み上げられれば、医薬品の価値も高まる

公開日時 2017/12/29 00:00
  • Twitter
  • 印刷
OncologyMRTrainingProject主宰高橋洋明今月のポイント①OPD(OnePatientDetailing)は、医薬品のライフサイクルや適応等によっては、即効性が発揮できないケースもある。②だが、継続してOPDを続けていくことで、その医薬品が実際に効果を発揮する適格例が明確になる。③それによって、その医薬品のポジショニングが確立される。その次にやるべきことは、適格例を拡大していくことである。前回、OPDの取り組みが広がりつつも、一部では結果が出ないとの話も聞くということをお伝えしました。しかし、MR活動も含め、ビジネスで最も大切なことの一つは「結果を出す下準備を整えること」です。この「結果を出す下準備を整えること」とは、一体どのようなことなのでしょうか?でも、その前に押さえ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

この記事の関連キーワード

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

8月号特集
(Promotion)

本誌集計 18年度下期 新薬開発パイプラインリスト

新規血友病薬、臓器横断の免疫療法、CAR-T療法など

 

 

8/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/