再発・難治の多発性骨髄腫薬カイプロリス 処方増意向は8割超

公開日時 2018/02/28 00:00
  • Twitter
  • 印刷
高い有効性背景に抗体医薬ダラザレックスの登場で位置づけ検討との声も再発・難治性の多発性骨髄腫の治療は、2006年に上市されたプロテアソーム阻害薬ベルケイドなどの分子標的薬の登場で大きく予後が改善されるなど、劇的に変化した。そして、15年から新薬が相次ぎ承認され、治療選択肢が広がるとともに市場は拡大を続けている。なかでも16年8月に発売されたカイプロリスは次世代型のプロテアソーム阻害薬として、その効果の高さから再発・難治例の第一選択薬候補と期待が高いが、17年には日本初の経口プロテアソーム阻害薬ニンラーロ、さらに抗体医薬品ダラザレックスが発売され、激戦の様相を呈している。このようななか今回はカイプロリスを取り上げ、臨床現場でどのような評価を受けているのかを調査した。調査は、医療情報サイトを運営...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

8月号特集
(Promotion)

本誌集計 18年度下期 新薬開発パイプラインリスト

新規血友病薬、臓器横断の免疫療法、CAR-T療法など

 

 

8/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/