ICS・LABAレルベア COPD治療、専門医と一般内科医で処方方針に差異

公開日時 2018/06/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
第一選択で処方専門医22%、一般内科医37%専門医はACOでの使用重視吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作用性β2刺激薬(LABA)の配合薬レルベアは2013年12月に気管支喘息治療薬として発売され、16年12月には、「レルベア100エリプタ」で慢性閉塞性肺疾患(COPD)の適応が追加された。同じくICS・LABA配合薬のアドエアやシムビコートなどと異なり、レルベアは1日1回の吸入でよく、またエリプタという少ない操作で吸入できるデバイスを使用しているのが特長である。一方で、14年に提唱された疾患概念で、喘息とCOPDのオーバーラップ(AsthmaandCOPDOverlap:ACO)という病態が広まるにつれ、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)やLABA、あるいは両者の配合剤が主流のCOPD治...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタルヘルス時代を占う企業戦略

自前主義から脱却 他業種連携を探る

 

 

12/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/