帝人 エンブレルのバイオ後続品で販売提携 YLバイオロジクスと契約

公開日時 2018/08/09 03:50
  • Twitter
  • 印刷

帝人、陽進堂、YLバイオロジクスは8月8日、関節リウマチなどに用いる生物製剤エンブレルのバイオ後続品(開発コード:YLB113)の販売提携契約を締結したと発表した。同剤は3月にYLバイオロジクスが承認申請している。承認取得後、帝人ファーマと陽進堂が販売活動を行う。帝人ファーマが重点とする骨・関節領域の製品拡充につなげる。

YLバイオロジクスは、陽進堂とインドのルピンとの合弁会社。同剤は、ルピンが製造する原薬をもとに、陽進堂の子会社であるエイワイファーマの日本国内の工場で製剤化する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/