C肝薬マヴィレット 処方医の7割超が「第一選択薬で処方する」

公開日時 2018/09/30 00:00
  • Twitter
  • 印刷
“パンジェノ型”“腎機能障害対応”“短期間投与”、弱点らしい弱点なくC型肝炎治療は近年、ハーボニーに代表される複数の直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場により、「治る治療」へとパラダイムシフトが起こった。ただ、腎機能障害患者に使えなかったり、対象となるジェノタイプが限られるなど、どの薬も改善の余地が残されていた。そこに2017年11月、NS3/4Aプロテアーゼ阻害剤グレカプレビルとNS5A阻害剤ピブレンタスビルを含有するマヴィレット配合錠が発売された。マヴィレットはジェノタイプ1~6のすべてに使用可能なパンジェノ型である。これまでの多くのDAAは12週の投与が必要だったが、重度腎機能障害の併発例を含めジェノタイプ1および2のC型慢性肝炎に対しては国内初の8週間での治療が可能だ。国内フェーズ...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/