アルフレッサとナビタイム 医薬品配送支援ツール開発 最適ルートの算出など

公開日時 2018/10/19 03:50
  • Twitter
  • 印刷

アルフレッサホールディングス(HD)は10月17日、子会社のアルフレッサがナビタイムジャパンと、医薬品配送の最適ルートを表示するなどの業務支援ツール「saios」を共同開発し、活用を始めたと発表した。アルフレッサの配送専門担当者の業務効率化が狙い。

このツールは、配送専門担当者が持つスマートフォンに注文データを取り込むことで、各得意先への最適な配送ルートを簡単に算出できるほか、GPS機能で得意先への納品状況を自動的に記録する。これまで手入力だった納品報告業務の手間を省く。また、各支店のパソコンからリアルタイムに運行情報を把握でき、渋滞を考慮した配送車両の到着予定時刻が確認できるなど、運行管理がしやすくなる。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

1月号特集
(Promotion)

製薬ビジネス大改革 産業イノベーション始動

営業本部進化論 営業スキームを大転換せよ!

 

 

1/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/