大塚製薬株式会社 篠原 仁 さん

公開日時 2018/10/31 00:00
  • Twitter
  • 印刷
密な対話こそ、現場の納得感高める大塚製薬株式会社プロダクトマネージメントグループプロダクト・マーケティング・マネージャーエビリファイ・レキサルティ担当篠原仁さん大塚製薬は、2006年に同社初の精神科領域の製品として、抗精神病薬「エビリファイ」を発売。今年4月には、新薬「レキサルティ」も世に送り出し、精神科領域での存在感を増している。17年9月から、エビリファイ・レキサルティ担当のプロダクト・マーケティング・マネージャーを務める篠原仁さんにとって、「エビリファイ」はキャリアの転機になった製品でもある。自身のMR時代の経験から、新しい作用機序に分類されるその特性を理解し、適正に患者さんに届ける必要性を痛感していた。そのため、まず現場のMRに理解・納得してもらうことが重要と、密なコミュニケーション...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

この記事の関連キーワード

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/