顧客視点の新しいリサーチ手法 「MROCs」 第1回

 

ワップ株式会社
代表取締役 東海林 渉

 

 

 

近年、マーケティングリサーチ業界ではインタビューやアンケートのような、質問をして回答してもらう従来の手法だけではなく、MROCs(エムロック)と呼ばれる生活者の声や行動や兆候を傾聴(リスニング)することにより、顧客視点でのニーズなどを把握する新しい調査手法が注目されています。

今回は、MROCsの概要から医療分野における実例と実施する際のポイントまでを解説します。




1.MROCsとは?


Market Research Online Communitiesの略で、オンライン上にリサーチ目的でコミュニティサイトを非公開な環境下、期間限定で構築し、特定の対象者を招待制で集め、ブログ、掲示板、チャット、アンケート、グループ、投票などのコミュニティの機能を使って自由に発言してもらい、分析者がそれを観察・傾聴しながらそれぞれの発言をプローブ(深堀り)したり、ディスカッションのテーマを投げかけたりすることによって行います。
2000年後半ぐらいから米国で広まり、日本でも2011年くらいからサービスを提供する会社が続々と登場し始めています。





2.MROCsの特徴は?


従来にはない顧客視点のニーズなどの新しい対象者の情報が得られます。その理由として3つご説明します。



理由1 傾聴(リスニング)により情報収集ができる。


従来の質問を投げかけて答えてもらう方法で情報を集めようとすると、調査実施側が想定する質問を答えてもらうことになり、どうしても企業側の視点となり、集められる情報も今までと同じ物(もしくは想定できるもの)になりがちです。
MROCsは対象者同士の自発的な自由な声を傾聴(リスニング)することにより、顧客視点での情報が取得できます。つまりそもそも質問自体も想定できないような情報を取集することができます。

注) リスニングのみを行う手法ではございません。確認したい点や聞きたいことなどがあれば質問します。




理由2 本音が出やすい。

MROCsでは、メンバーは匿名で発言が行われ、さらに期間限定で、非公開の環境で行われます。
そのため、メンバー同士で意見を戦わせることへの抵抗感が、対面でのグループインタビューはもちろん、一般的なSNSなどを活用して行われる調査よりも低く、本音が出やすくなります。

注) 一般的なSNSは、生活の一部となってきているため、対象者がもめ事を避けようとするため、あえて反論等を行わない傾向が見られます。




理由3 本当に意見を聞きたい対象者を集めることができる。

会場などのインタビューでは、どうしても場所的、時間的、対人的制限をうけてしまうため、本当に参加して欲しい対象者をリクルートできないという状況が起こります。
MROCsの場合は、インターネット環境があれば全国どこからでも参加が可能であり、リクルートができる母集団が増えます。このことより、より適切な対象者の選定が可能となります。

特に、エクストリームユーザーとよばれる特異な人の意見を参考にすることが注目されている中で、全国から対象者をリクルートできることは非常に強みとなります。

注) 逆にインターネット環境にない高齢者などは、向いていないということも言えます。




第2回 医療分野における事例 に続く

 

公開日時:

2012年11月1日

 

ワップ株式会社
〒143-0015 東京都大田区大森西6-4-3 
電話 03-6404-6141 Fax 03-6404-6142
http://www.wap-j.com

 


 

顧客視点の新しいリサーチ手法 「MROCs」 第1回

 

ワップ株式会社
代表取締役 東海林 渉

 

 

 

近年、マーケティングリサーチ業界ではインタビューやアンケートのような、質問をして回答してもらう従来の手法だけではなく、MROCs(エムロック)と呼ばれる生活者の声や行動や兆候を傾聴(リスニング)することにより、顧客視点でのニーズなどを把握する新しい調査手法が注目されています。

今回は、MROCsの概要から医療分野における実例と実施する際のポイントまでを解説します。




1.MROCsとは?


Market Research Online Communitiesの略で、オンライン上にリサーチ目的でコミュニティサイトを非公開な環境下、期間限定で構築し、特定の対象者を招待制で集め、ブログ、掲示板、チャット、アンケート、グループ、投票などのコミュニティの機能を使って自由に発言してもらい、分析者がそれを観察・傾聴しながらそれぞれの発言をプローブ(深堀り)したり、ディスカッションのテーマを投げかけたりすることによって行います。
2000年後半ぐらいから米国で広まり、日本でも2011年くらいからサービスを提供する会社が続々と登場し始めています。





2.MROCsの特徴は?


従来にはない顧客視点のニーズなどの新しい対象者の情報が得られます。その理由として3つご説明します。



理由1 傾聴(リスニング)により情報収集ができる。


従来の質問を投げかけて答えてもらう方法で情報を集めようとすると、調査実施側が想定する質問を答えてもらうことになり、どうしても企業側の視点となり、集められる情報も今までと同じ物(もしくは想定できるもの)になりがちです。
MROCsは対象者同士の自発的な自由な声を傾聴(リスニング)することにより、顧客視点での情報が取得できます。つまりそもそも質問自体も想定できないような情報を取集することができます。

注) リスニングのみを行う手法ではございません。確認したい点や聞きたいことなどがあれば質問します。




理由2 本音が出やすい。

MROCsでは、メンバーは匿名で発言が行われ、さらに期間限定で、非公開の環境で行われます。
そのため、メンバー同士で意見を戦わせることへの抵抗感が、対面でのグループインタビューはもちろん、一般的なSNSなどを活用して行われる調査よりも低く、本音が出やすくなります。

注) 一般的なSNSは、生活の一部となってきているため、対象者がもめ事を避けようとするため、あえて反論等を行わない傾向が見られます。




理由3 本当に意見を聞きたい対象者を集めることができる。

会場などのインタビューでは、どうしても場所的、時間的、対人的制限をうけてしまうため、本当に参加して欲しい対象者をリクルートできないという状況が起こります。
MROCsの場合は、インターネット環境があれば全国どこからでも参加が可能であり、リクルートができる母集団が増えます。このことより、より適切な対象者の選定が可能となります。

特に、エクストリームユーザーとよばれる特異な人の意見を参考にすることが注目されている中で、全国から対象者をリクルートできることは非常に強みとなります。

注) 逆にインターネット環境にない高齢者などは、向いていないということも言えます。




第2回 医療分野における事例 に続く

 

公開日時:

2012年11月1日

 

ワップ株式会社
〒143-0015 東京都大田区大森西6-4-3 
電話 03-6404-6141 Fax 03-6404-6142
http://www.wap-j.com

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

薬剤使用で総量規制に意識傾く

患者負担や多剤投与加味した処方提案を

 

 

2/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告