製薬企業の成長・差別化戦略は、ファーストインクラスやベストインクラスの革新的新薬の創出に重点が置かれ、それは今後も続くものと思われる。一方、ICHの定着やデジタルテクノロジーの発展に伴う情報のボーダーレス化は研究開発にも影響を及ぼすようになってきた。つまり、グローバルレベルで承認に至るまでの時間短縮化が進んだことから、製品力だけでは差別化が難しい時代に入りつつある。さらに政府は社会保障費の高騰を抑えるため、ジェネリックの普及拡大や地域包括ケアシステムによる医療から福祉、介護までの総合的な管理による効率化を強く求めており、未病人口も含めた生活者(消費者)の健康的な自立や健康寿命の延長が大きな課題として視野に入っている。

 

こうした時代背景のなか、製薬企業は従来通りの新薬開発競争だけでなく、消費者(患者)ニーズやインサイトを的確に把握し「社会や消費者、医療従事者に対して価値提供を行う」ことによって差別化を図ることも、一つの重要な方向性として位置づけられつつある。

 

今回のセミナーで紹介するソーシャルリスニングデータの活用は、消費者(患者)インサイトを把握するためのツールとして非常に革新的ツールであると共に、有用な分析方法であり、これからの医薬品マーケティングにおいて独自の価値創造を考察するために、大きな可能性を有している。セミナーでは専門家を交えてこれら問題について掘り下げる。

 

 

 

 

 

開催日時 2018年9月6日(木)14:00〜17:30(開場13:30)
会 場

銀座松竹スクエア8階会議室
東京都中央区築地1-13-1

 

最寄り駅:
日比谷線・都営浅草線「東銀座」駅より徒歩2分

 

対象者

製薬メーカー、研究機関勤務の方

定 員

70名(先着)

参加費

無料 

※セミナーは事前予約制となっておりますので、以下のお申込みフォームより事前予約をお願いします。当日は、名刺をお持ちください。 

                                                   

 

 

 

 

アジェンダ

 

オープニング 株式会社ミクス代表取締役
沼田 佳之 氏
特別講演Ⅰ
「医薬品マーケティング・マネジメントにおける患者の捉え方」

 

トランサージュ株式会社エグゼクティブ・アドバイザー(元第一三共株式会社プロダクトマーケティング部)
近藤 健二 氏

特別講演Ⅱ
「患者インサイトが医療用医薬品マーケティングに必要な理由」

 

MSD株式会社コマーシャル内部統制部ディレクター
阿曽 利行 氏

特別講演Ⅲ
「消費財市場における消費者の変化と医薬品産業におけるソーシャルリスニングデータの実例」

 

電通アイソバー株式会社データデザイン&マネジメント部長
小田 良華 氏

 

トランサージュ株式会社代表取締役
瀧口 慎太郎 氏

パネルディスディスカッション

モデレーター:沼田 佳之 氏

ネリスト:
阿曽 利行 氏 近藤 健二 氏 小林 球一 氏* 小田 良華 氏 瀧口 慎太郎 氏

*株式会社電通メディカルコミュニケーションズ代表取締役

                                                   

 

 

 

 

 

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

8月号特集
(Promotion)

本誌集計 18年度下期 新薬開発パイプラインリスト

新規血友病薬、臓器横断の免疫療法、CAR-T療法など

 

 

8/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

8月号特集
(Promotion)

本誌集計 18年度下期 新薬開発パイプラインリスト

新規血友病薬、臓器横断の免疫療法、CAR-T療法など

 

 

8/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告