GSK・12年通期業績 アバンディア撤退や欧州の価格抑制圧力などで減収減益

公開日時 2013/02/08 04:00
  • Twitter
  • 印刷
グラクソ・スミスクラインは2月6日、2012年通期業績が264億3100万ポンド(ポンドベース前年比3%減)、営業利益73億9200万ポンド(同5%減)、純利益47億4400万ポンド(同13%減)の減収減益になったと発表した。減収にはアメリカでのチアゾリジン系経口糖尿病薬・アバンディアの市場撤退の加速化やヨーロッパの一部での価格抑制圧力などが原因。セグメント別売上高は医療用医薬品事業179億9600万ポンド(恒常為替レート前年比2%減:以降全て恒常為替レート前年比)、ワクチン事業33億2500万ポンド(同2%減)、コンシューマーヘルスケア事業51億1000万ポンド。なお、HIV関連製品のヴィ-ブヘルスケアは13億7400万ポンド(同10%減)。主要な地域別売上高ではアメリカ84億4600万ポ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

6月号特集
(Promotion)

エリアマーケティング新時代

地域戦略強化、

総力戦で商機を捉える

 

 

6/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/