小野薬品 注射用オノアクトの効能追加申請 心機能低下時の心房細動・粗動で

公開日時 2013/02/21 04:01
  • Twitter
  • 印刷

小野薬品は2月20日、注射用オノアクト(一般名:ランジオロール塩酸塩)の効能・効果に「心機能低下例における頻脈性不整脈(心房細動・粗動)」を追加する承認申請を行ったと発表した。発表によると、現在、この適応症に対し即効性、用量調節に優れる心拍数調節薬はない。

同剤は、心臓に多く存在するβ1受容体を選択的に遮断することで心機能を低下させることなく、早期に心拍数を減少させる効果が期待されるという。

02 年7月に「手術時の頻脈性不整脈に対する緊急処置:心房細動、心房粗動、洞性頻脈」の効能・効果で承認され、06 年10月に「手術後の循環動態監視下における頻脈性不整脈に対する緊急処置:心房細動、心房粗動、洞性頻脈」の効能・効果で追加承認されている。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/