リリー社のramucirumab、難治性胃がん治療にインパクト

公開日時 2013/02/21 04:00
  • Twitter
  • 印刷
米イーライリリー社のIgG1モノクローナル抗体のVEGF(血管内皮増殖因子)阻害剤ramucirumabは胃がん患者に対するセカンドラインとしての効果を検証したREGARD試験において単剤での活性を示し、全生存期間(OS)におけるベネフィットを有意に示す化学療法以外の薬剤の1つとなったが、多数の専門家は「そこそこ」のベネフィットではFDA(米食品医薬品局)承認取得には十分でないと疑問を投げかけている。リリー社は、2008年に米ベンチャーImCloneSystems社を65億ドルで買収した際に、同剤の権利を取得し、同剤には多額の投資を行ってきた。現在、胃がんで2本、乳がん、肝がん、肺がんで4本の計6本のフェーズIII試験を実施中だ。REGRAD試験のフルのデータは、今年1月24日の米国臨床腫瘍...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

      

 

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

6月号特集
(Promotion)

エリアマーケティング新時代

地域戦略強化、

総力戦で商機を捉える

 

 

6/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/

 

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

6月号特集
(Promotion)

エリアマーケティング新時代

地域戦略強化、

総力戦で商機を捉える

 

 

6/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/