日本リリー 12年度売上高は10.2%増 ジプレキサ、フォルテオなど主力品が後押し

公開日時 2013/03/14 04:00
  • Twitter
  • 印刷

日本イーライリリーは3月13日、12年度売上高は10.2%増の1757億4000万円(決算ベース)だったと発表した。主力品の伸長が後押しした。

 
主力品の売上高(薬価ベース)は、抗がん剤アリムタは市場拡大再算定で3%減となったものの、最主力品の抗精神病薬ジプレキサは8%増、骨粗鬆症治療薬フォルテオは129%増の282億円に達し、売上増につながった。AD/HD治療薬ストラテラは、成人期適応を取得したこともあって47%増となった。
 
主な製品の売上は次のとおり(薬価ベース)
製品名   売上高 前年度比
ジプレキサ 549億円   8%
アリムタ  358億円  -3%
フォルテオ 282億円    129%
エビスタ  193億円  -11%(中外製薬の決算ベース売上と合算)
インスリン 174億円   0%
サインバルタ136億円   32%(リリー単独売上)
ジェムザール132億円  -34%
ヒューマトロープ103億円-5%
ストラテラ 62億円       47%
バイエッタ 22億円   152%
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事の関連キーワード

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/