FDA ヤンセンのカナグリフロジンを承認 初のSLGT-2阻害剤

公開日時 2013/04/02 04:00
  • Twitter
  • 印刷
米食品医薬品局(FDA)は3月29日、ヤンセン・ファーマシューティカルズ(米ニュージャージー州Titusville)の2型糖尿病薬Invokana(カナグリフロジン)を承認した。同剤は、米で承認された初のSLGT-2(ナトリウム‐グルコース共輸送体)阻害剤となった。適応症は、成人における2型糖尿病で、食事療法および運動療法との併用下で用いることとされている。同剤の有効性・安全性は、合計1万285例を超える9本の臨床試験で検証され、HbA1C(ヘモグロビンA1C)レベルと空腹時血糖値の改善が示された。この効果は、単剤およびメトホルミン、スルホニル尿素剤(SU剤)、ピオグリタゾン、インスリンとの併用下で示された。FDAは、Invokanaについて、市販後臨床試験として、①心血管アウトカム試験②悪...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

医療環境の変化に揺れ、

悩むMR 多職種連携、

患者貢献の意識高まる

 

3/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/