アラガン 乳がんによる乳房切除後の乳房再建術 しずく型の人工乳房も保険適用に

公開日時 2013/12/03 03:50
  • Twitter
  • 印刷

アラガン・ジャパンは12月2日、しずく型のゲル充填人工乳房「ナトレル410ブレスト・インプラント」について、乳がんによる乳房切除後の乳房再建で保険適用を取得したと発表した。14年1月8日の発売を予定する。保険償還価格は6万9400円。

 

同社はラウンドタイプ(円型)の人工乳房をこの7月に発売し、乳がんでの乳房再建での保険適用も取得している。乳房を自然な形で再建しやすいとされる「しずく型」でも同様に保険が適用されることから、同社は「患者さんや医療従事者の多様なニーズに、よりきめ細やかに対応できる」としている。再建前に乳房周辺部などの組織を拡張、伸展させる皮膚拡張器であるナトレル133 ティッシュ・エキスパンダーも保険適用された。償還価格は3万2100 円。

 

アラガンは米国に本社を置く1950年設立のグローバル企業で、眼科や神経科、皮膚科、美容医療など専門領域の製品を手掛けている。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(10)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

サイエンスベースの安全対策

RWDの利活用で生産性向上を実現

 

 

11/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/