稀少難病研究に患者のDNAデータベース構築へ

公開日時 2013/12/19 03:50
  • Twitter
  • 印刷
アメリカで稀少難病患者のDNA情報データベース構築への動きが活発になっている。米国多発性骨髄腫研究財団(MultipleMyelomaResearchFoundatiuon)が40ミリオンドルを投じて進めている研究プロジェクト”COMPASS”の中間発表を行った。研究成果やデータを、大学や企業の研究者のために公開し、米国全体で、研究を加速させるのが目的だ。http://www.themmrf.org/research-programs/commpass-study/同じく、米国白血病およびリンパ腫学会(TheLeukemiaandLymphomaSociety)が8.2ミリオンドルを投じ、オレゴン医科学大学、遺伝子解析技術のイルミナ(Illumina,Inc.)社,およびインテル社と共同で患...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/