DPP-4阻害薬テネリア 併用薬の制限解除

公開日時 2013/12/24 03:52
  • Twitter
  • 印刷

田辺三菱製薬と第一三共は12月20日、共同販売しているDPP-4阻害薬テネリア(一般名:テネリグリプチン)について、「2型糖尿病」の新効能・効果の承認を同日付で取得し、すべての経口血糖降下薬やインスリンとの併用療法が可能になったと発表した。糖尿病併用薬の制限がない「2型糖尿病」の適応取得は、エクア(ノバルティス)、トラゼンタ(日本ベーリンガーインゲルハイム、リリー)、オングリザ(協和発酵キリン)に続く4剤目。

同剤は、田辺三菱と第一三共が共同販売しており、計4000人のMR(田辺三菱約1600人、第一三共約2400人)が投入されている。田辺三菱の柳澤憲一営業本部長は8月の記者懇で、9月の14日処方制限解除と今回の併用制限解除で、シェア拡大に弾みをつける姿勢を示していた。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/