ヤンセン 貼付型疼痛薬ワンデュロパッチ 慢性疼痛の適応追加承認

公開日時 2013/12/25 03:52
  • Twitter
  • 印刷

ヤンセファーマは12月24日、疼痛治療薬ワンデュロパッチ(一般名:フェンタニル)の適応に慢性疼痛を追加する承認を20日付で取得したと発表した。

これまで「中等度から高度の疼痛を伴う各種がん」に使用が限定されていたが、「非オピオイド鎮痛剤および弱オピオイド鎮痛剤で治療困難な中等度から高度の慢性疼痛における鎮痛(ただし他のオピオイド鎮痛薬から切り替えて使用する場合に限る)」が適応に追加された。3日毎に貼りかえるMTパッチ(デュロテップ)では慢性疼痛適応が承認されているが、今回の製剤は毎日貼りかえるタイプのパッチ剤。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(7)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

4月号特集
(Promotion)

地方発 動き出した産業構造改革

製薬業界もヘルスケア産業へ

転換の時

 

4/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/