第一三共 抗インフル薬イナビルに予防適応承認

公開日時 2013/12/25 03:51
  • Twitter
  • 印刷

第一三共は12月20日、抗インフルエンザウイルス薬イナビル吸入粉末剤(一般名:ラニナミビルオクタン酸エステル水和物)の適応に「A型またはB型インフルエンザウイルス感染症の予防」を追加とする承認を取得したと発表した。予防で用いる場合は20mgを1日1回2日間吸入する(治療では40mgを単回吸入)。

 
予防の基本はワクチンだが、リスクが高い高齢者の家族が発症した場合やパンデミック発生直後の予防手段の選択肢となる。同薬20mgの半減期は67時間。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

      

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

7月号特集
(Promotion)

国内市場は停滞期へ

急速な収益環境変化

革新的新薬こそ突破口

 

 

7/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/