厚労省 疼痛薬リリカと抗がん剤グリベック 新たな副作用で添付文書改訂指示

公開日時 2014/09/17 00:00
  • Twitter
  • 印刷
厚労省医薬食品局は9月16日、新たな副作用が判明した疼痛薬のリリカカプセル(ファイザー)と抗がん剤のグリベッグ錠(ノバルティスファーマ)について、添付文書を改訂するよう日本製薬団体連合会に通知で指示した。リリカは、この3年間に薬剤との因果関係が否定できない劇症肝炎による死亡1例、同じく肝機能障害7例が確認されたため、「重大な副作用」の項に「劇症肝炎、肝機能障害」を追記し、注意喚起することになった。グリベックは、消化管出血の原因の一つとされる「胃前庭部毛細血管拡張症」を「重大な副作用」の項に追記する。薬剤との因果関係が否定できない3例がここ3年で確認できたため。添付文書の改訂指示内容について、一覧表にしダウンロード用ファイルを下段に用意しました(エクセルファイルには改訂文案へのリンクも張ってあ...

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(2)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

8月号特集
(Promotion)

本誌集計 18年度下期 新薬開発パイプラインリスト

新規血友病薬、臓器横断の免疫療法、CAR-T療法など

 

 

8/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/