【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【診療報酬改定:注目トピック14】認知症の長期入院患者の退院支援

公開日時 2012/07/11 04:00

診療報酬改定で知っておくべきトピックを、ミクス増刊号「医師と話せる診療報酬改定」(3月25日発売)から定期的に紹介するこのコーナー。第12回からは認知症対策に関する点数を取り上げている。ここでも診療報酬改定全体の潮流である地域連携、チーム医療、在宅医療の重視という方針は同じ。今回は長期入院患者の退院支援を解説する。

前回、入院を余議なくされる認知症に伴う徘徊妄想・攻撃的行動・不潔行為などBPSDを発症した場合、入院から1カ月以内の治療が症状の改善につながるというデータを踏まえ、認知症治療入院病棟入院料において「30日以内」の区分を設け、入院の短期化の方向が打ち出されていることを解説した。

一方、真に入院が必要な患者の入院医療を確保するため、介護施設や在宅での療養が可能な患者には退院を促す方向性が打ち出されている。10年度改定で6カ月以上入院している患者に退院計画を作成し、退院調整した場合に算定できる「退院調整加算」(認知症治療入院病棟入院料に対するもの。退院時に算定)だが、今回改定では100点から300点へ増点とし、その方向性を強めた。

算定するには▽当該保険医療機関内に退院支援部署を設置(新規要件)▽専従の精神保健福祉士及び専従の従事者1人(看護師、作業療法士、精神保健福祉士、社会福祉士又は臨床心理技術者のいずれか)が配置(要件緩和)--していることが要件。

 「医師と話せる診療報酬改定」のサンプルの閲覧 こちら

ミクスOnlineプレミア会員の方は、「医師と話せる診療報酬改定」を
e-BOOKで見られます。 こちら

過去記事
第1回 退院促し医療連携や在宅で支える流れ作る こちら
第2回 退院支援、地域連携支援をする病院の評価 こちら
第3回 在宅患者の支援強化を誘導 こちら
第4回 訪問看護ステーションとの連携 こちら
第5回 在宅医療へ薬局薬剤師の参画を促す こちら
第6回 便利な間歇注入シリンジポンプの普及後押し こちら

第7回 在宅酸素療法などによる指導加算算定しやすく こちら

第8回 がん治療の地域連携を促す こちら
第9回 外来がん治療にチーム医療を促す こちら
第10回 入院から在宅まで緩和ケアを促す こちら
第11回 在宅緩和ケアを促す こちら
第12回 認知症 まずきちんと診断 こちら
第13回 入院の短期化を促す こちら





 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー