【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

情報少なく新薬処方できず 約半数の医師が経験 抗がん剤治療で

公開日時 2013/03/25 04:00

がん治療を行なっている医師を対象に「抗がん剤情報収集に関するアンケート」調査を、市場調査のインテージが実施し、3月21日発表した。処方薬剤を検討する際に最も困っているのは「診療ガイドライン通りの処方が最適なのかどうか迷うケースがある」(74.7%)で、次いで「エビデンスの少ない新薬についての情報が少ないため、なかなか新しい薬剤の処方ができない」(47.4%)だった。ガイドラインやエビデンスだけでは対応が難しい日常診療をサポートする情報の必要性が示された。

 
調査は、グループ会社アンテリオのドクターウェブパネルを利用し、がん患者を10名以上診療している全国のがん拠点病院および一般病院の勤務医95名を対象とがん患者を10人以上診療している全国のがん拠点病院と一般病院の勤務医95人を対象にインターネットで行ったもの。
 
処方判断を迷った時、最先端の医療機関(国立がんセンター、がん研有明病院など)での処方例の情報提供が受けられるとしたら、受けたいかを尋ねたところ、「是非、利用したい」 (26.3%)、「利用したい」(53.7%)と、約8割が受けたいとの意向を示した。
 
処方薬剤を検討する際、医師が参考にしている情報のトップ3は「エビデンス、治療成績」(94.7%)、「診療ガイドライン」(92.6%)、「論文、文献」(69.5%)だった。
 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー