【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

杏林とキッセイ 新規作用の過活動膀胱治療薬のフェーズ1開始

公開日時 2013/10/21 03:50
キョーリン製薬ホールディングスとキッセイ薬品は10月17日、新しい作用を持つ過活動膀胱治療薬として「KRP-EPA605/KEA-0447」のフェーズ1を開始したと発表した。
 
過活動膀胱治療には、主に抗コリン薬やβ3作動薬が使用されるが、今回の開発薬は、キョーリン製薬HDの子会社の杏林製薬とキッセイが共同研究で見出した新規の選択的プロスタグランジンEP1受容体拮抗剤で、同受容体を介した膀胱の平滑筋の異常収縮に関与を阻害することで、膀胱の排尿筋過活動を抑制する。それにより頻尿を改善することが期待される。両社共同で開発を進める。
 
杏林とキッセイは共に泌尿器が重点領域であり、両社が提携することで研究開発をスピードアップできると判断し、09年に新規過活動膀胱治療薬に関する共同研究契約を締結、12年には共同開発契約を締結していた。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー