【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

AZ 2型糖尿病治療薬ビデュリオン皮下注のペン型製剤 国内承認申請

公開日時 2014/05/07 03:50

 アストラゼネカは4月28日、2型糖尿病治療薬ビデュリオン皮下注用(一般名:エキセナチド)のペン型製剤を承認申請したと発表した。ペン型製剤は、薬剤(粉末)と懸濁用液を含有するカートリッジがあらかじめ組み込まれており、使用時に専用注射針を取り付ける使い切りのタイプ。従来型のような専用液で粉末を懸濁させる行程が不要になるため、調製および投与にかかる操作が軽減される。

 

ビデュリオンはGLP-1受容体作動薬であるエキセナチドを有効成分とする世界初の週1回投与の2型糖尿病治療薬。日本では2013年5月16日から発売している。今回申請したペン型製剤は米国で14年2月に承認されている。

 

GLP-1受容体作動薬は、ビデュリオンのほか、▽ビクトーザ(リラグルチド/ノボ ノルディスク)▽バイエッタ(エキセナチド/AZ)▽リキスミア(リキシセナチド/サノフィ)の3成分4製品が発売されている。投与回数は、1日2回、1日1回、週1回と製品で異なり 、併用条件も製剤によって異なる。

 

GLP-1は食事を摂取したとき消化管から血液中に分泌され、膵臓からのインスリン分泌を促進するホルモン「インクレチン」のひとつ。エキセナチドはこのGLP-1と同様の作用を持ち、血糖値が高い状態のときにインスリン分泌を促し、血糖値を改善させる。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー