【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

英国で麻疹が急増 原因は自閉症パニック?

公開日時 2013/07/26 05:00

20世紀中にほぼ撲滅されたと考えられていた麻疹が、21世紀に入ってから英国で急増し、社会問題になっている。実際、年間100例程度で推移していた感染例が2006年頃から急増し、2012年には2030例報告されている。


麻疹は強い感染力がある伝染病だが、1960年代から実用化されたワクチンで、ほぼ予防可能となった。麻疹の予防接種は、一般に三種混合ワクチン(三種のワクチン:麻疹、流行性耳下腺炎、風疹の頭文字をとって英語ではMMRと呼ばれている)として普及して来た。


だが、1998年に医学雑誌ランセットに掲載された論文(http://briandeer.com/mmr/lancet-paper.htm)がこの三種混合ワクチンと自閉症の関連を指摘したことから、幼児を持つ親の間に「自閉症パニック」と呼ばれる拒否反応がひろがり、英国でもこの予防接種を受けないこどもが増加した。


近年の麻疹観戦数の急増は、これに関連があると言うのがもっぱらの指摘である。英国では、麻疹の予防接種だけを受ける成人が増えているといわれ、流行の行方が懸念されている。
 


 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー